Change keyboard to Japanese by command line

http://linux.just4fun.biz/CentOS/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%B8%8A%E3%81%AE%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E5%88%87%E6%9B%BF%E6%96%B9%E6%B3%95.html

一時的にキーボードのマップを変更する †
loadkeysコマンドを使用すれば一時的にキーマップを変更することができます。
例えば、サーバが設置されている場所に行きキーボードマップがことなりキーボードに刻印されている文字と出力される文字が異なる場合です。

以下にusキーボードとjp106キーボードへの切替方法を記します。
尚、rootユーザにてloadkeysコマンドを実行してください。


usキーマップに一時的に変更する †
以下のコマンドでusキーマップに一時的に変更することができます。
(再起動などすれば元の設定にもどります。)

loadkeys us

jp106キーマップに一時的に変更する †
以下のコマンドでjp106キーマップに一時的に変更することができます。
(再起動などすれば元の設定にもどります。)

loadkeys jp106

設定ファイルを変更しキーマップを設定する †
以下のファイルはCentOSでusキーボードとjp106キーボードを設定しインストールした時のファイルです。

usキーボード
# cat /etc/sysconfig/keyboard
KEYTABLE=”us”
MODEL=”pc105+inet”
LAYOUT=”us”
KEYBOARDTYPE=”pc”
jpキーボード
# cat /etc/sysconfig/keyboard
KEYTABLE=”jp106″
MODEL=”jp106″
LAYOUT=”jp”
KEYBOARDTYPE=”pc”
上記の例を参考に変更してください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s